PRACTICE稽古内容
PRACTICE稽古内容

空手をするなら埼玉の武州美里カラテスクールが応援します!

埼玉の空手道場武州美里カラテスクールの稽古内容をご紹介します

空手を学びたいと埼玉県内の本庄市、深谷市、上里町、寄居町、神川町などの美里町周辺地域でお考えでしたら、親切丁寧にご指導いたしますので、ぜひ一度体験見学にお越しください。
習い事が初めての方でもご安心の上取り組むことができるメリットもあり、皆様にお喜びいただいております。
健康を維持したい、お子様の習い事で迷っている、男女問わず理想のカラダにしたい、本格的に空手の大会に出てみたいという方まで指導しております

挨拶 黙想 柔軟体操

まずは正座をし、正面・神前・お互いに礼を行います。稽古中での挨拶・返事は【押忍(おす)】という言葉が基本となります

最初は、恥ずかしかったり間違えたりすると思いますが徐々に慣れていけば大丈夫です。

 

次に黙想をし、目を瞑って呼吸を整え【非日常】である空手の稽古に入る前にココロとカラダを無の状態にしてあげます。

 

柔軟体操は、ケガ防止・柔らかくする事はもちろんですが、普段学校や部活、会社で行っている体操とは違い【力に頼らない】カラダを身に着ける為の動かし方を行い、毎回繰り返すことで体に覚えさせることを念頭に置いております。

基本稽古 移動稽古 型稽古

基本稽古は、文字通り空手の様々な技の動きの基本となる動きを稽古します。空手独特の立ち方をし、正しい手技・足技を繰り返すことで下半身・上半身の使い方が身についていきます。

力強く綺麗で見栄えが良い型、ケガをせず力強い組手ををするには基本稽古を繰り返し練習していくことが必要となります。

 

移動稽古は、色々な立ち方をして移動しながら手技・足技を行う稽古となります。

移動稽古も基本稽古と同じく、習熟すればするほど綺麗な型、力に頼らない組手ができるようになります。

 

稽古を積んでいけば、身体が小さかったり、力がなくても、全身の力がを活かすことができ肉体的にも・精神的にも必ず自身が持てるようになります。

ミット稽古 組手稽古

基本稽古で学んだ手技・足技を使えるようになるには、実際にミットやサンドバックに打ち込んだりすることが必要です。しかし、ミットは様々な種類がありますが思ったよりも堅いので力任せに突きや蹴りを放ってもケガをする可能性があります。

まずは、打ち込む時の正しい拳の握り方、蹴り込む時の正しい足の角度を学んでからミット稽古に入っていただきます。

 

基本稽古・ミット稽古がある程度理解できた段階でいよいよフルコンタクトカラテの醍醐味、組手稽古をすることができます。

まず痛そうとか、ケガが心配されるかと思われますが、いきなり激しく組手をすることはありませんし、練習ではサポーター類をつけて組手を行いますので大丈夫です。

個人個人のレベルに合わせて、先輩道場生がコントロールしますので安心してください。もちろん、自己を鍛える武道・スポーツである以上多少の打撲やうちみは出ることがあります。

人は自分独りでは決して強くはなれません。相手をしてくれる先輩、仲間と感謝の心を持って真剣に組手をすることで、終わった後には、日常の中では体感することのできない達成感を得ることができます。

バランス運動 体幹運動 レクリエーション

武州美里カラテスクールでは、空手の稽古の他にも、大人も子供も楽しみながらできる色々なバランス運動や、体幹運動、効率の良い各種トレーニングも取り入れております。

遊びの中でも、実際に競技に使える動きを主体として練習します。

空手をやることによって、学校生活にも社会生活においてもメリットが出るよう日々試行錯誤を繰り返し、新しいトレーニングを体験していただいております。