BLOGブログ
BLOG

美里町の武道館でコツコツと稽古!お腹に力を入れるって?

2021/02/21
武州美里カラテスクールの写真

美里町の武道館でコツコツと稽古!

子供達を指導していて気付いたこと・・・ 

「さぁ!おなかに力をいれて!」が

「???」先生どういうこと?

まさかと思い、

「おなかに力のいれかたわかる?」

分からない子が結構おり、ちゃんとできている子は数名。

これはマズいと思いここから、空手教室から呼吸改善教室に(笑)

「まずは鼻から息を吸って、おなかを凹ましてみよう」できるまで練習してみて~

よくわからない子達にレクチャーしながらお手本見せながら格闘する・・・

「さぁ、今度は息を口から吐きながらお腹をゆっくり凹ませていこう」

息をはくと腰が曲がってしまったり、ゆっくり凹ませられない子など・・・

 

ここからわかる事

①呼吸は、本能。教わってできたものではない。なので、出来る人とできない人の差が大きい

※正しい呼吸をしることで、日ごろの無意識の呼吸が変わり、カラダの不調~競技力のアップへつながる

②呼吸で胸、お腹を動かしてあげる事が出来ないと老後にも影響大

※体を柔らかくするのはストレッチだけではなく、正しい呼吸も併用することで効率がグッとあがる。

③運動が苦手は呼吸も苦手

※運動が苦手な人は無理に運動することは逆効果。正しい呼吸を練習、改善することで結果カラダの使い方が上手くなる期待が大きい。

もちろん空手には呼吸法もありますので、コツコツと基本稽古を繰り返して行けば必然的に上達していくシステムです。が、なんとなく練習しているのと、原理・理屈を分かって行うのでは効率がまったく変わってきます。

特に積極的に外で遊ぶ環境が少なく・制限が多い令和の時代子供達は、競技の前にこういった事を知る事が本当に必要だと感じます。

武州美里カラテスクールは空手道場なのに健康運動教室半分の変な道場ですが、子供はもちろん大人もシニアの方も大切な事をたくさん学べますので体験してみて下さいね